ふらりとゆけ! ホーム » 現代ファンタジー » ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン(上遠野浩平)

ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン(上遠野浩平)

ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン (電撃文庫)ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン (電撃文庫)
(2013/09/10)
上遠野浩平

商品詳細を見る


忘却の効用

 不破明日那は気づくと自分が誰か分からなくなっていた。しかし、手持ちのスポーツバックには、黒い帽子とマントが入れられている。もしかすると自分は、女子たちの間だけで噂になっている、ブギーポップなのか?
 混乱する彼女が屋上で能力を使ったところを、ブギーポップに殺されたいと思っている狭間由紀子に目撃されてしまう。さらには、統和機構の合成人間である成城沙依子もやって来て、不破明日那の記憶を取り戻すための調査が始まった。

 懐かしい名前のオンパレードで、時系列的には「ビートのディシプリン」よりは前らしい。水乃星透子の影響が未だ色濃く残る場所で、末真和子や宮下藤花も少しだけ事件に関わってくる。




上遠野浩平作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4984-51e3bdf2