ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » 放課後さいころ倶楽部 (1)(中道裕大)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


放課後さいころ倶楽部 (1)(中道裕大)

放課後さいころ倶楽部 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)放課後さいころ倶楽部 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2013/09/12)
中道 裕大

商品詳細を見る


パンツを脱いだ女子高生

 他人と付き合うのが苦手な女子高生の武笠美姫は、いつものように一人で帰宅していると、自転車に乗って池に飛び込んだ少女の高屋敷綾と知り合う。彼女に連れられてあてどなく京都の街を歩いた武笠美姫は、いつもの街に自分の知らない楽しさがあふれていることに初めて気づかされるのだった。
 そして運命のように、武笠美姫のクラスに高屋敷綾が転校してくる。仲良くなった二人がお茶をして帰ろうとしたところ、委員長の大野翠に、校則に従って早く帰るように注意されてしまう。

 ところが、繁華街に一人で現れた委員長は、妖しいビルの中に入っていってしまった。彼女を追跡した二人を待ち受けていたのは、海坊主のような風貌の厳つい男だった。


 しかしその人物は、輸入ボードゲームを販売する店の店長で、委員長はその店のバイトだった。そして二人はボードゲームの魅力を知ることになる。
 今回紹介されるゲームは次の通り。

ドミニク・エルハルト作「マラケシュ

ジャック・ゼメ作「ごきぶりポーカー

マンフレッド・ルートヴィヒ作「ねことねずみの大レース

アレックス・ランドルフ作「ハゲタカのえじき

エルヴェ・マルリー/フィリップ・パリエール作「ミラーズホロウの人狼




中道裕大作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4983-3f527555

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。