ふらりとゆけ! ホーム » 学園ファンタジー » オレを二つ名(そのな)で呼ばないで! (4)(逢上央士)

オレを二つ名(そのな)で呼ばないで! (4)(逢上央士)


オレを二つ名(そのな)で呼ばないで! 4 (このライトノベルがすごい! 文庫)オレを二つ名(そのな)で呼ばないで! 4 (このライトノベルがすごい! 文庫)
(2013/09/10)
逢上 央士

商品詳細を見る


能力を使う文化祭

 異能力を顕現する二つ名(エリアス)システムの試験的運用が行われている神賀茂学園、阿倍野学園、春住学園、吉備津原学園、真備乃学園、葦屋学園合同の二つ名サミットで問題を起こした生徒会長の天童美男は学園を去った。その置き土産として伝えた一言のせいで、御手洗新は、穂積瑞穂、天童美美、樫月静華、鴛鴦碧、甘池舞、茉莉花羽澄、茉莉花飛白らツナ研女子メンバーとの距離感の取り方に迷うことになる。
 そんなタイミングで、夏休み明けの吉備津原学園との合同文化祭に向け、ツナ研の出し物の研究のためにプールに遊びに行くことになった郷田大悟を除くツナ研のメンバーは、そこで吉備津原学園生徒会長の月見里佳憐と副会長の阿万田敬司に会い、彼らが連れてきていた子供たちの面倒を一緒にみることになるのだった。

 そのイベントのおかげもあり、何とかツナ研は平常営業出来るようになってきた。そして合同文化祭の準備が始まり、御手洗新は、天才発明少女の嘉倉ルリと、彼女の友達の伊部晶と深く関わっていく事になる。

 最後はバトル展開になるのだけれど、基本的には学園青春ラブコメの展開となっている。だが、どうやらラブコメ描写はあまり得意ではないようで、ちょっとパッとしない感じだ。




逢上央士作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4975-88b53fd4