ふらりとゆけ! ホーム » ライトノベル書評 » 新クロサギ 完結編 (2)(黒丸)

新クロサギ 完結編 (2)(黒丸)

新クロサギ 完結編(2) (ビッグ コミックス〔スピリッツ〕) (ビッグコミックス)新クロサギ 完結編(2) (ビッグ コミックス〔スピリッツ〕) (ビッグコミックス)
(2013/08/30)
黒丸、夏原 武 他

商品詳細を見る


超えた一線

 桂木敏夫を裏切って自身の復讐を完成させにかかる黒崎の暗躍で、ひまわり銀行本店営業部次長の宝条兼人は手足となるファミリー企業を潰され自行内での影響力を低下させ、その後ろ盾でもある民政党元幹事長の蒲生連二郎衆議院議員はスキャンダルにまみれた。政財界のフィクサーである今出川栄元日銀総裁は、次の世代への布石として、鷹宮への接近を図る。
 神志名将警部補は、宝条兼人をターゲットとして、ファミリー企業の社長だった女性を拘置所に尋ねていた。そしてそこで、桃山刑事が黒崎を逮捕するため、司法取引まがいの違法な捜査を行っていることを知る。

 キャリア官僚としての未来を捨てて一刑事として専心しているはずなのに、自らがキャリアであるために信頼されるという矛盾に悩む神志名がイイ。そして桂木からの刺客も放たれる段階となり、ドキドキ感が増して来た。




黒丸作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4960-c95f19cf