ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 青春もの » “花散里" ヒカルが地球にいたころ……(8)(野村美月)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


“花散里" ヒカルが地球にいたころ……(8)(野村美月)

“花散里“花散里" ヒカルが地球にいたころ……(8) (ファミ通文庫)
(2013/08/30)
野村美月

商品詳細を見る


置き去りにされた約束

 帝門ヒカルと義母の帝門藤乃の不義を巡る騒動を経て斎賀朝衣の密かな信頼を勝ち取った赤城是光は、それに気づくこともなく、文化祭の季節を迎えていた。
 級長の花里みちるの推薦で文化祭委員にされてしまった赤城是光は、日舞部部長の右楯月夜子の思いつきによる、左乙女葵や式部帆夏にナースコスプレをさせるイベントや、斎賀朝衣から命じられた特別警護班にも関わることになり、初めててんてこ舞いの文化祭を送ることになってしまう。

 しかし、赤髪ヤンキーと恐れられる赤城是光に協力してくれる人はいない。声をかけても恐れて逃げられるばかりで、頼りになるはずの式部帆夏も合コンに助っ人に忙しく逃げられてしまう。残された花里みちると共に奮闘する赤城是光に、手紙でアドバイスをくれる謎の人物が現れるのだった。

 一人思い悩んでこじらせる式部帆夏や左乙女葵、分かりにくくツンデレる斎賀朝衣、ちょっとヤンデレ気味る花里みちる、焦ってアピールしようとする若木紫織子など、赤城是光の頭を悩ませる種は尽きない。
 そして、海外に退避しているはずの帝一朱も何やら陰謀をたくましくしているようで…。




野村美月作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4946-942a966d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。