ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 青春もの » 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (4)(赤城大空)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (4)(赤城大空)

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 4 (ガガガ文庫)下ネタという概念が存在しない退屈な世界 4 (ガガガ文庫)
(2013/08/20)
赤城 大空

商品詳細を見る


中折れはしないでっ!

 《SOX》のエロ絵師である早乙女乙女が、自分の描きたい絵だけを描く環境を求めて、鬼頭慶介の許へと走ってしまった。彼女を説得して戻らせようとするものの、もはや言葉が通じる状態ではない。
 そこで提案されたのが、鬼頭慶介の傘下にある《ベーコンレタス母の会》《震激の尻》《哺乳類》《絶対領域》の四大下ネタテロ組織の代表者と、華城綾女、奥間狸吉、鬼頭鼓修理ら《SOX》が対決して、早乙女乙女に審判を務めさせるというものだった。

 奥間狸吉の中学時代の同級生である濡衣ゆとりも、敵の代表者として勝負に関わってくる。

 今回の下ネタの多さは半端じゃない。しかし、同じような展開にちょっと飽きてきたな。




赤城大空作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4941-f625eb87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。