ふらりとゆけ! ホーム » ライトノベル書評 » ヒストリエ (8)(岩明均)

ヒストリエ (8)(岩明均)

ヒストリエ(8) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(8) (アフタヌーンKC)
(2013/08/23)
岩明 均

商品詳細を見る


アテネの海軍

 マケドニア王フィリッポスは、パルメニオンを主将とする部隊にペリントス攻略を任せ、自らが率いる軍勢でビザンティオンを攻めた。書記官エウメネスはマケドニア王フィリッポスの許で軍議に参加する。
 堅牢な両都市の攻略にマケドニア軍が手をこまねいていたところ、フィリッポスの許にペリントス攻略海軍がアテネの将軍フォーキオンの前にもろくも破れ去ったことを伝えてくる。そしてそれに対する対応をエウメネスが進言した直後、ビザンティオンにフォーキオンの率いる海軍が現れるのだった。

 様々な戦いと犠牲の末、マケドニア軍は首都ペラに帰還する。




岩明均作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4940-95c5474b