ふらりとゆけ! ホーム » 現代ファンタジー » ひきこもりパンデモニウム(壱日千次)

ひきこもりパンデモニウム(壱日千次)

ひきこもりパンデモニウム (MF文庫J)ひきこもりパンデモニウム (MF文庫J)
(2013/08/22)
壱日千次

商品詳細を見る


生まれた意味は

 現代最高の退魔師である日高見久遠は、世界を守るために自宅警備員をしている。悪の召喚師が悪魔を召喚し、自宅地下の扉から現れるのを防ぐためだ。しかし、明治以降、召喚師が現れたことはなく、世の人々は悪魔の存在も信じておらず、退魔師はイタい人間だと思われている。だから、日高見久遠も高校に行かないただのひきこもりだ。
 十年以上前に施設から引き取られ、少ない法力でも訓練を続けてきた日高見春太は、いまは亡き義姉の日高見聖歌に代わり、義妹の日高見久遠を守ってきた。今の彼の目標は、日高見久遠を学校に行かせることである。

 最近転校してきた多々良沙枝と話をしたある日、帰宅した日高見春太は、自宅に魔王サタンが現れたのを発見する。ようやく退魔師の活躍出来る時代が来たと驚喜した春太は、久遠にサタンを引き合わせ戦ってみるのだが、現代最高の退魔師である日高見久遠は、サタンと悪魔四天王を十万分の一の力で一蹴してしまう。

 会話の掛け合いが面白い。




壱日千次作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4926-6df52856