ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 現代ファンタジー » 睦笠神社と神さまじゃない人たち(深沢仁)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


睦笠神社と神さまじゃない人たち(深沢仁)


睦笠神社と神さまじゃない人たち (このライトノベルがすごい! 文庫)睦笠神社と神さまじゃない人たち (このライトノベルがすごい! 文庫)
(2013/08/10)
深沢 仁

商品詳細を見る


停滞する時間

 睦笠神社の宮司の孫である睦笠冬基は、動物に好かれる。昨夜も弱っていた鼬を拾ってきたところ、翌朝目覚めると、二尾のある幼女がベッドで寝ていた。その鼬は、天から降ってきた妖、ライだったのだ。
 周囲から変に思われないよう、ライの存在は、幼馴染の南絢乃にも秘密にして、いつも通り、何も変わらない日常を送ることにした睦笠冬基だったが、神社にクラスメイトを呪う絵馬がかけられたことで、いつもとは違う行動を取らなければならないようになる。

 感情の起伏がほとんどなく、祖父と二人、ルーチンをこなすように生きる男子高校生と、それを歯がゆく思いながらも、気を遣って踏み込めない女子高校生。そんな輪の中に、外から異分子が入り込んできて場をかき乱す。
 しかしそれは、必ずしも余分なことでは無い。




深沢仁作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4912-900e0082

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。