ふらりとゆけ! ホーム » 異世界ファンタジー » 神さまのいない日曜日 VIII(入江君人)

神さまのいない日曜日 VIII(入江君人)

神さまのいない日曜日VIII (富士見ファンタジア文庫)神さまのいない日曜日VIII (富士見ファンタジア文庫)
(2013/07/20)
入江 君人

商品詳細を見る


万能の魔女

 封印都市オスティアで二つのイベントが開催された。セリカを連れた墓守スカーとユリーの結婚式、そして、魔女旅団のマダムとの戦いにより死んだ市長ベンドーらの葬式だ。そのイベントも終わったオスティアで、イソラ・エドワーズが生んだ黒面から、一人の少女がやってくるのをアイ・アスティンとアリス・カラードは目撃する。
 黒面は一生に一度しか通過できない。ゆえに、黒面の向こうで生まれた人間しかやってくるはずはないのに、向こうで生まれたにしてはやってくるのが早すぎる。名前がないという少女にナインという名前をつけたアイは、ナインを自宅に連れて帰る。

 市長となったディー・エンジー・ストラトミットスがナインから聞き取った名前はウラード・エル・サイカヴァッティナイン、万能の魔女の名前だった。




入江君人作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4898-8269c291