ふらりとゆけ! ホーム » 現代ファンタジー » 放課後の魔法戦争(アフタースクール・ブラックアーツ) (2)(鈴木鈴)

放課後の魔法戦争(アフタースクール・ブラックアーツ) (2)(鈴木鈴)

放課後の魔法戦争(アフタースクール・ブラックアーツ) (2) (電撃文庫)放課後の魔法戦争(アフタースクール・ブラックアーツ) (2) (電撃文庫)
(2013/08/10)
鈴木鈴

商品詳細を見る


初めての争奪戦

 伏桜製作所の工房長だった伏桜団慶の遺言により、工房の継承権を争う魔法戦争に参加させられた伏桜三九郎は、幼馴染の春日ねねこを守るため、親友の桐原雷火と敵対することになった。魔法を吸収し、複合し、放出するアンチエイジとしての能力に目覚めた伏桜三九郎は、襲い来る敵を払いのけ、神藤華夜と同盟を結び、人工精霊ジャッジの望むように、工房を継承した。
 しかし、その工房の中核であり、クオーツを生み出すコルドロンが不調に陥ってしまう。偶然、そのことを知ったかつての敵である密月呉葉は、自分の保身のために、マーチラビット・ワークショップの工房長である蜜月蕩乃への修理依頼を仲介する。

 その昔は伏桜製作所の一員だったという蜜月蕩乃は、依頼を受ける条件として、伏桜三九郎に対し、自らが妊娠するまでの間、一日一回の性交渉を義務づける契約を提示するのだった。
 クオーツが産出できなければ、神藤華夜の母親の治療が出来なくなる。苦々しい思いを抱きながらも、伏桜三九郎は蜜月蕩乃と契約するのだが、その後の手違いで、事態はより混迷を増す方向へと動き出してしまうのだった。

 一方、敗戦の責任を問われた桐原雷火は、異母姉の桐之宮仄火に身柄を引き受けられることになる。




鈴木鈴作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4886-dc513834