ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 現代ファンタジー » はたらく魔王さま! (9)(和ヶ原聡司)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


はたらく魔王さま! (9)(和ヶ原聡司)

はたらく魔王さま! (9) (電撃文庫)はたらく魔王さま! (9) (電撃文庫)
(2013/08/10)
和ヶ原聡司

商品詳細を見る


異世界キャンプ!

 法術監理院長官エメラダ・エトゥーヴァの導きでエンテ・イスラに帰還した勇者エミリア・ユスティーナ/遊佐恵美とエンテ・イスラが、佐々木千穂との約束を守らず日本に帰還しない。
 さらには、エンテ・イスラからやって来た大天使ガブリエルが、天使カマエルを囮にして訂教審議官クレスティア・ベル/鎌月鈴乃や堕天使ルシフェル/漆原半蔵を誘い出した隙に、エフサハーンの騎士団と共に新生魔王城ヴィラ・ローザ笹塚201号室を襲撃し、悪魔大元帥アルシエル/芦屋四郎とノルド・ユスティーナをエンテ・イスラへ拉致してしまった。

 魔王サタン・ジャコブ/真奥貞夫とアシエス・アーラの融合や、地球の異能者である大黒天祢の介入により、それ以上の被害は避けられたものの、新たに鈴木梨香を巻き込む事態となってしまった。
 自分では帰れないのならば連れ戻しに行くまで。真奥貞夫はマグロナルド幡ヶ谷駅前店でのバイト調整を行い時間を作って、クレスティア・ベルと共にエンテ・イスラへ向かうことにする。

 そのエンテ・イスラでは、エミリア・ユスティーナやアルシエルを各所に配置し、歴史を再現させることで、自らの望む状況を作り出そうとする勢力の姿があった。
 異世界への旅路を、ちょっとしたアウトドア感覚で準備に勤しむ魔王様御一行です。




和ヶ原聡司作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4882-5c2681c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。