ふらりとゆけ! ホーム » SF » サイハテの救世主 PAPER III: 文明喰らい(岩井恭平)

サイハテの救世主 PAPER III: 文明喰らい(岩井恭平)

サイハテの救世主  PAPERIII:文明喰らい (角川スニーカー文庫)サイハテの救世主 PAPERIII:文明喰らい (角川スニーカー文庫)
(2013/07/31)
岩井 恭平

商品詳細を見る


裏切る人類を救う英雄

 元天才にして世界を救ってきた英雄少年の沙藤葉は、今日も沖縄の日常に振り回されていた。女神たる濱門海に懸案解決のための人材を紹介したり、バウスフィールド照瑠の宿題を処理したり、濱門陸からのお節介を処理したり、忙しいながらも、ノーラ・ダーリンに口座を凍結されてしまったため、日々の糧を手に入れることが出来ない。北海にある巨大海底火山である黄金火山とアンジェリンにまつわる事件で改造してしまった又吉三々子を養うことは尚更だ。
 働き口を探して奮闘する沙藤葉の前に、海兵のエリク・グッドオール・ジュニア一等兵曹が現れる。彼に拉致されて辿り着いたのは、ナミビア共和国のナミブ砂漠だ。そこで、南米アマゾン原産の、絶滅させたはずの好物を喰らうワームと、その改造体であるグリゴリを発見してしまう。それは災厄論文のひとつであった。

 国連事務総長のファリザに請われ、三度、人類を救うために駆り出される沙藤葉だったが、彼は人類の沙藤葉に対する裏切りに直面することになる。

 シリーズ最終巻。事件はこれまでと同様に発生するが、人間関係の処理は駆け足で。壊れた天才の意味するところが、上手く伝わらなかったのかも知れない。




岩井恭平作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4867-b871b8ef