ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 歴史ファンタジー » とある飛空士への誓約 (3)(犬村小六)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


とある飛空士への誓約 (3)(犬村小六)

とある飛空士への誓約 3 (ガガガ文庫)とある飛空士への誓約 3 (ガガガ文庫)
(2013/07/18)
犬村 小六

商品詳細を見る


ミオの零落

 エリアドールの七人のうち、バルタザール・グリムと紫かぐらが卒業の季節を迎えた。それぞれの所属部隊へ旅立っていくさまを、イリア・クライシュミット、坂上清顕、シルヴァニアの王位継承者であるセシル・ハウアーは見送る。
 ウラノス外務尚書省次官のゼノン・カヴァディスにより、ウラノスのスパイへと堕とされたミオ・セイラは、先輩スパイであるハチノスことライナ・ベックの指示に従い、スパイ見習い活動に従事する中、罪悪感から清顕らとは距離を取っていた。

 ミオとの距離が開いたことをさびしく思いながらも、清顕はイリアをデートに誘い、二人でツーリングに出かけるのだった。

 ミオの色々が憐れ。どうやってももう救いどころは無いんじゃなかろうか?どこまで堕ちるかを楽しみにするの?




犬村小六作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4857-6e620c40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。