ふらりとゆけ! ホーム » 異世界ファンタジー » トゥルークの海賊 (2)(茅田砂胡)

トゥルークの海賊 (2)(茅田砂胡)

トゥルークの海賊2 (C・NovelsFantasia か 1-63)トゥルークの海賊2 (C・NovelsFantasia か 1-63)
(2013/07/27)
茅田 砂胡

商品詳細を見る


未だ残る誇り

 合法ドラッグ「パーフェクション」の捜査依頼を受けたケリー・クーアとジャスミン・クーアは、カトラス星系で、あのシェンブラックとグランド・セブンの二代目を騙る海賊に遭遇する。
 激怒するケリーは即座に殲滅しようとするのだがジャスミンのクイン・ビーの攻撃も命中せず、ダイアンの攻撃も当たらない。さらにはルーレットを使って逃げられてしまう。

 一方、ライジャ・ストーク=サリザンは実兄からの連絡を受けていた。大いなる闇が顕現したとの報告を本山にしたアドレイヤ・サリース・ゴオランが、その報告を信じてもらえず、僧籍を剥奪されそうだというのだ。ライジャはすぐさまヴィッキー・ヴァレンタインに協力を求める。
 それを聞いたリィは、ルーファス・ラヴィーを麻袋に詰め、シェラ・ファロットと共にアドレイヤの許へと向かうのだった。




茅田砂胡作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4852-6c52061a