ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » 孤独のグルメ(久住昌之 / 谷口ジロー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


孤独のグルメ(久住昌之 / 谷口ジロー)

孤独のグルメ (扶桑社文庫)孤独のグルメ (扶桑社文庫)
(2000/02)
久住 昌之、谷口 ジロー 他

商品詳細を見る


ただただ食らう

 輸入雑貨を取り扱う個人貿易商の井之頭五郎は、しょっちゅう、昼飯を食いそびれる。空腹を抱えてよく知らない町を歩き回り、何となく気になった店に入って、メニューを見ながら何を注文するかを考える。
 いま食べたい気分なのは何か、どんな材料を使っているか、どんな順番で食べるか。そんなことを考えつつ注文し、提供された食事を食らう。ただただ、旨そうに食らう。そしてたまに文句を言う。

 ある程度の年齢になると食いしん坊が考えてしまいそうなことをそのままやるのが、井之頭五郎という人物なのだ。




久住昌之作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4851-c9ebb707

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。