ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ラブコメ » 詠う少女の創楽譜 (7)(雨野智晴)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


詠う少女の創楽譜 (7)(雨野智晴)

詠う少女の創楽譜7 (MF文庫J)詠う少女の創楽譜7 (MF文庫J)
(2013/07/24)
雨野智晴

商品詳細を見る


今回も二人の女性が毒牙にかかる

 死んだはずの《独奏者》姫咲ヒミコが蘇り、宝石歌姫を二つに割っての戦いが起きることになった。学院長の東雲詩乃、ロシアの《深雪の妖精》アナスタシア・カーチナ、イタリアの《轟炎》モニカ・フェリッリ、中国の貂蝉、ドイツのナスターシャ・ジェンチを倒すため、《太陽の独唱者》姫咲明日香、フランスの《電子の翆玉》メアリー・マルソー、イギリスの《純潔の獅子姫》クレア・ワイズ、アメリカの《光帝》リアーナ・ライムス、そしてシルヴィ・マルソーと山辺花穂の演奏を神凪タケルがすることになってしまった。
 まずはチーム作りのため、神凪タケルはリアーナ・ライムスとクレア・ワイズをそれぞれエスコートし、かなり気に入られてしまう。当然、それを陰から見ていた妹の姫咲明日香はおかんむりだ。そして、特訓の日々が過ぎ、ついに対決の時がやってきた。

 どうやらシリーズ最終巻。最後は駆け足で無理やりまとめた感があり、ラスボスの小物っぽさが半端じゃない。




雨野智晴作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4835-6a46be27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。