ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 生徒会の一存(葵せきな) » 生徒会の祝日 碧陽学園生徒会黙示録 (8)(葵せきな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


生徒会の祝日 碧陽学園生徒会黙示録 (8)(葵せきな)

生徒会の祝日    碧陽学園生徒会黙示録8 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の祝日 碧陽学園生徒会黙示録8 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/07/20)
葵 せきな

商品詳細を見る


僕たちの生徒会はまだこれからだ!

 本当の本当に最終巻。各メディアに掲載された掌編も含め、短編が収録されています。

「彼女たちのキャンパスライフ」
 大学に進学した紅葉知弦と桜野くりむ。突然くりむは、大学生活を謳歌するためにサークル活動に参加すべきだと宣言する。彼女がそういう考えに至った理由とは?

「転校後の彼女達」
 私立現守高校に転校した椎名深夏と椎名真冬は、それぞれ鬼神様、女神様と呼ばれ、生徒達が両派閥に別れて争う状況が生み出されていた。その状況を憂いた二人は、両派閥に和解の会合を持つよう命じる。しかし…。

「続生徒会の一存」
 オンラインのチャットで生徒会室を立ち上げ、桜野くりむ、紅葉知弦、椎名深夏、椎名真冬、杉崎鍵がいつものやりとりを繰り広げるのだが、それぞれ違う場所のため奇妙な状況が生み出される。

「三年B組の十代」
 杉崎鍵が星野巡とデートに出かける。しかしどうも妙な空気に。それを感じた星野巡は友達に戻ろうと言い出し…。

「邂逅する生徒会」
 西園寺つくし、水無瀬流南、日守東子、火神北斗ら新生徒会の会議を、桜野くりむ、紅葉知弦、椎名深夏、椎名真冬ら旧生徒会が視察にやってくる。杉崎鍵を巡る女同士のつばぜり合いとは?









葵せきな作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4829-6c6c14b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。