ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 青春もの » アニソンの神様 score.02(大泉貴)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


アニソンの神様 score.02(大泉貴)

アニソンの神様 score.02 (このライトノベルがすごい! 文庫)アニソンの神様 score.02 (このライトノベルがすごい! 文庫)
(2013/07/10)
大泉 貴

商品詳細を見る


さよならのやり直し

 アニソン好きの留学生エヴァ・F・ワグナーが、クラシック家系のギタリスト入谷弦人、隠れアニソン好きのドラマー九条京子、ボカロPのキーボード宮坂琴音、軽薄に見えるベーシスト小松孝弘と立ち上げたバンド“レーゲン・ボーゲン”は、文化祭での演奏を大熱狂のうちに終えた。
 バンドを継続させるため、次の目標を設定する必要がある。初めは軽音部の定期演奏会という話も出たが、入谷弦人と軽音部の関係が未だ修復されていないため難しそう。そこで、小松孝弘が持ってきたのが、ライブハウスでのライブイベントだ。しかし、同じイベントに参加する“グレイ・ウェンズデー”は、かつて九条京子がバンドを組んでいた仲間、神崎椎奈のバンドだった。

 自分の本当の姿を隠したまま、人との関係を結んできた九条京子が、その総決算を行う。




大泉貴作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4819-c838c328

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。