ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 軍靴のバルツァー (5)(中島三千恒)

軍靴のバルツァー (5)(中島三千恒)

軍靴のバルツァー 5 (BUNCH COMICS)軍靴のバルツァー 5 (BUNCH COMICS)
(2013/07/09)
中島 三千恒

商品詳細を見る


決死の退却戦

 第二王子ライナー・アウグスト・ビンケルフェルト殿下率いるバーゼルラント王立士官学校義勇軍と共に、ヴァイセンとボルベックの戦場に入ることになったヴァイセン王国陸軍ベルント・バルツァー少佐だったが、第17大隊指揮官の大尉の失策により、ハウプトマン・ニールセン大尉率いるボルベック騎兵隊の追撃戦から逃げなければならなくなった。
 当初は楽観的な士官候補生たちだったが、徐々に追い詰めてくる騎兵隊の恐怖から、段々と顔色が青ざめてくる。なにもない平原で、方陣を敷いて騎兵に対抗しようとするものの、火力不足により、単なる蹂躙を受けるだけになってしまうのだった。

 英雄的な犠牲により、何とか森の中に逃げ込んだものの、食料は尽きかけ、反撃の糸口もない。さらに、あまりのバーゼルラントの不甲斐なさに、殿下は愛想を尽かし始めるのだった。
 この危機的な状況の中、ヴァイセンをつなぎとめ、かつ、生徒たちを生還させることができるのか?




中島三千恒作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4799-43fa27ba