ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 青春もの » 不良少年と彼女の関係(蝉川タカマル)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


不良少年と彼女の関係(蝉川タカマル)

不良少年と彼女の関係 (メディアワークス文庫)不良少年と彼女の関係 (メディアワークス文庫)
(2013/06/25)
蝉川タカマル

商品詳細を見る


破天荒な執事

 堕悪騎士(ダークナイト)の総長を務めていた真田拳児は、自分にしかできない何かを求めて不良を引退することにした。そのまま世界に旅に出るつもりだったものの、手元不如意のため、妹の真田鈴花と共に実家の華屋の手伝いをしていたところ、絶縁状態だった母方の祖父の職場の同僚から、祖父が亡くなったとの連絡が入った。
 祖父の形見分けを受けるため、母親に内緒で出向いた祖父の職場は、大富豪の紅堂家だった。祖父の望月礼士は、そこで令嬢の紅堂朱乃の専属執事をしていたらしい。

 そのまま帰るはずの拳児だったが、過失で朱乃の大切にしていたベルを壊してしまい、執事の白神の提案で、一ヶ月間だけ、朱乃の専属執事として働くことで代償とすることになった。
 家では紅茶も入れられず騒動を起こし、お嬢様学校では警備員とひと悶着を起こし、朱乃の親友である佐藤千恵理には面白がられるものの、朱乃は怒り心頭となってしまう。しかし、朱乃に敵意を持つ藍原蒼依の策略に対抗する特訓を経て、次第に打ち解けていくのだった。ところが…。




蝉川タカマル作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4792-640f2ac0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。