ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 新クロサギ 完結編 (1)(黒丸)

新クロサギ 完結編 (1)(黒丸)


新クロサギ 完結編 1 (ビッグコミックス)新クロサギ 完結編 1 (ビッグコミックス)
(2013/06/28)
小学館

商品詳細を見る


全てを擲つ大勝負

 ひまわり銀行本店営業部次長の宝条兼人に復讐するため、黒崎は桂木敏夫と袂を分かった。吉川氷柱にも別れを告げ、犬伏晴臣を仲間として、ただひたすらと復讐の道を邁進する。
 宝条兼人を決定的に破滅させるため、彼が懇意にしている元幹事長の蒲生連二郎衆議院議員周辺に詐欺の種をまく黒崎。そんな彼を桂木は許しはしない。早瀬を通じて黒崎と親しい小柴をスパイとし、その動向を探ろうとする。

 そして遅まきながら、神志名将警部補は黒崎の痕跡を辿り、宝条の悪事に気づき始める。政界に隠然たる力を誇る今出川栄元日銀総裁ら、巨大なネットワークを構成する要素が姿を見せ始めた。




黒丸作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4772-6742c51c