ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » テルマエ・ロマエ VI(ヤマザキマリ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


テルマエ・ロマエ VI(ヤマザキマリ)

テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)
(2013/06/25)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る


最後の瞬間

 古代ローマの浴場技師のルシウス・モデストゥスは、ハドリアヌス最後の浴場を建設するため、現代の研究者の女性、小達さつきの前から姿を消してしまった。愛しの人を失ってしまったさつきは、ルシウスが残した言葉をもとに、バイアエの研究を進めることでルシウスの手掛かりを探そうとする。
 一方、ローマへと戻ったルシウスは、寝食を忘れて浴場建設に取り組んでいた。だが、ハドリアヌスの病状は悪化し、浴場完成まで持つか分からない。そんなとき、ハドリアヌスの養子であるアントニヌスは、腕の立つマッサージ師のうわさを聞く。その正体とは?

 ルシウスに対するさつきの思いは時空を超える。果たして二人の思いはつながるのか?一応、最終巻です。









ヤマザキマリ作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4770-a5cd5191

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。