ふらりとゆけ! ホーム » 青春もの » 8番目のカフェテリアガール 東京なごやかプロジェクト(石原宙)

8番目のカフェテリアガール 東京なごやかプロジェクト(石原宙)


8番目のカフェテリアガール 東京なごやかプロジェクト (集英社スーパーダッシュ文庫 い 6-3)8番目のカフェテリアガール 東京なごやかプロジェクト (集英社スーパーダッシュ文庫 い 6-3)
(2013/06/25)
石原 宙

商品詳細を見る


味噌まみれだけじゃない

 名古屋人ながら味噌アレルギーかつ妹アレルギーになってしまった米田シロは、その秘密を隠したまま東京へと逃げ出した。そして入学したお茶の木学園に、兄大好きな妹の米田なごのが追いかけてくる。そんな彼女が兄を発見したのは、学食だった。
 お茶の木学園巨大学生食堂“大地”には、【洋食】GRAND KITCHEN、【和食】蓬莱、【スイーツ】STRAWBERRY PEAK、【カレー&丼】Moccori壱番屋、【中華】錦城楼、【ファミレス】Rosso、【パン】Suprreme、【喫茶】満天の8店舗が営業している。そのうちの、万年最下位である【喫茶】満天で、兄はアルバイトをしていたのだ。

 即刻、兄を名古屋に連れ戻そうとする米田なごのだったが、店長代理の天ノ川天の無垢っぷりや、暗殺一族出身の最上かこ、実はアイドルの百瀬しるびあ等を気に入り、兄を無理矢理連れ戻す代わりに、東京を名古屋化することで対抗しようとする。
 しかし、あまりのダメっぷりに理事長の愚留米院典明から目をつけられていた【喫茶】満天は、ぶっちぎりのトップである【洋食】GRAND KITCHENとのオープンキャンパス客数勝負で勝たなければ、即刻撤退という条件を出されてしまう。

 敵の星野鹿七や灯音らんぷは、恐ろしい能力を持った料理人たち。果たして彼女たちに勝ち目はあるのか?

 2ページごとに表題がついている。ジャンプネタが多い。何より名古屋押しがすごい。自分のホームグラウンドで、かつ、売れるように色々と仕掛けをしているところが良い。




石原宙作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4761-263bfcf0