ふらりとゆけ! ホーム » 学園ファンタジー » 寄生彼女サナ (5)(砂義出雲)

寄生彼女サナ (5)(砂義出雲)

寄生彼女サナ 5 (ガガガ文庫)寄生彼女サナ 5 (ガガガ文庫)
(2013/06/18)
砂義 出雲

商品詳細を見る


守りたい大切な存在

 回虫のパラシスタンス(寄生虫の擬人体)である櫂実亜須香に告白された増川唐人を目撃して、日本海裂頭条虫(サナダムシ)のパラシスタンスであるサナは家を飛び出してしまった。そしてそのサナが、日本住血吸虫のパラシスタンスである相馬住乃に監禁されていることが判明する。
 ところが、彼女が学校を支配し、パラシスタンスを排斥する勢力で蔓延させてしまったため、サナを助けるためには、彼女たちのルールにのっとって動かなければならない。そしてそのルールとは、生徒を陪審員とする、パラシスタンスを裁く疑似裁判だった。

 増川桜の姉にしてアイドルの倉里姫こと増川姫と、増川唐人、そしてパラシスタンスの深い関係が明らかにされる。パラシスタンスと人間を決定的に対立させようと試みるレストア・ディストピアの長きにわたる陰謀に対し、唐人とサナは自分たちの居場所を守ることができるのか?
 シリーズ最終巻となっています。




砂義出雲作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4745-9806a654