ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » Q.E.D.証明終了 (45)(加藤元浩)

Q.E.D.証明終了 (45)(加藤元浩)

Q.E.D.証明終了(45) (Q.E.D.証明終了 (45))Q.E.D.証明終了(45) (Q.E.D.証明終了 (45))
(2013/06/17)
加藤 元浩

商品詳細を見る


身勝手な正義

 いずれの事件も犯行動機は身勝手な正義だ。自分の思い込んだ価値観を以て暴走し、現実を受け止めることができていない。それでもひとつの救いは、事件がきっかけで初めての恋に目覚めた少年が現れたことだろうか。

「金星」
 イケメン男子大学生が自宅で撲殺された。部屋の鍵が特殊であり、合鍵の持ち主が限定されていたため、被害者の恋人の女子大生が逮捕される。しかしその女子大生に大弁護団がついたため、笹塚刑事から紹介を受けた起訴担当検事の陽垣が、燈馬想の許へと相談にやってくる。

「初恋」
 学園のアイドルとも呼べる後輩と付き合うことになった冴えない陸上部員が、初めて彼女を自宅に呼んだ日に、自宅ベランダで死体を発見してしまう。果たして事件か事故か、そして事件だとすると動機と犯行方法は?相談を持ちかけられた水原可奈が安請け合いし、燈馬想は二つの事件を掛け持ちして解き明かすことになる。




加藤元浩作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4737-cf5f1a50