ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 第三世界の長井 (1)(ながいけん)

第三世界の長井 (1)(ながいけん)

第三世界の長井 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)第三世界の長井 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2013/01/11)
ながい けん

商品詳細を見る


支配的因子の影響

 ながいけん上級者編を標榜する、激しくシュールなファンタジー風ギャク漫画だ。「神聖モテモテ王国」がアウトな場合には、こちらもアウトなことはほぼ間違いない。ボクもかなりボーダー上ではある。

 帽子をかぶった少年ショウが、音那という女性の指示で会いに行った少年・長井は、奇妙な言動をしながら、彼の周囲に世界の特異点が集まったがごとき、世界にとっての致命的な事件が連続して発生する。そして彼の言動は、アンカーという、誰かが与えた設定により、不整合を起こしながらも支配されていた。




ながいけん作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4723-71528d15