ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 歴史ファンタジー » エスケヱプ・スピヰド 四(九岡望)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


エスケヱプ・スピヰド 四(九岡望)

エスケヱプ・スピヰド 四 (電撃文庫)エスケヱプ・スピヰド 四 (電撃文庫)
(2013/06/07)
九岡望

商品詳細を見る


復活する意思

 黒塚部隊隊長の《虎杖》こと黒塚夕馬や瞬間移動を使う少年の日足たちによって奪われた鬼虫九番式《蜂》金翅の九曜の蜂と鬼虫一番式《蜻蛉》四天の竜胆を奪い返す作戦を練る鬼虫弐番式《蜘蛛》羅刹の巴や鬼虫参番式《蟷螂》夜叉の剣菱だったが、不安材料には事欠かない。前回の作戦の推移から考えて、身内にスパイがいるのは確実だからだ。
 何とか手に入った星鉄を用いて、先の大戦で戦死した鬼虫四番式《蜈蚣》弩将の井筒や鬼虫伍番式《蛾》奔王の万字の復活を模索するものの、前者は術式が完了しても目覚めず、後者は遺体の損傷がひどくて復活は不可能であり、戦力の増強は難しい。

 巴からの依頼で、身内に潜むスパイを蓮宮鴇子と共に探る叶葉だったが、捨屋へのアルバイトの途中、お腹を減らしている少女の久留守を拾う。

 後方支援タイプの鬼虫が加わり、戦闘は派手さを増した。後はスピード感が必要かな、ストーリー展開上の。




九岡望作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4722-7eca98e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。