ふらりとゆけ! ホーム » 異世界ファンタジー » 扉の魔術師の召喚契約II-幻奏の歌姫-(空埜一樹)

扉の魔術師の召喚契約II-幻奏の歌姫-(空埜一樹)

扉の魔術師の召喚契約<アドヴェント・ゲート>II-幻奏の歌姫- (HJ文庫)扉の魔術師の召喚契約<アドヴェント・ゲート>II-幻奏の歌姫- (HJ文庫)
(2013/05/31)
空埜一樹

商品詳細を見る


アヤメ無双

 日本の女子高生である雛菊アヤメは、【扉の魔術師】の称号を持つロイ・シュトラスによって、異世界にあるレイオード王国魔術師育成学院アストレースに召喚された。そのきっかけは、自分の本質を見つめてくれる女の子が欲しいという最低のものだったが、彼女を元の世界に戻す魔力を手に入れるために参加した、称号持ち魔術師同士のバトル大会である【アルス・マグナ】や、獣耳族ハンナ・アフラ、生徒会長カノン・リクーヌとの交わりの中で、アヤメ自身にもこの世界に対する興味がわいてきた。

 しばらくこちらの世界にいることになったアヤメの生活物資を手に入れるため、遠くの街まで買い物に出かけたロイたちは、チンピラに絡まれていたファム・リラクスと知り合い、貴族に雇用されている魔術師のサアラ・フレンスと知り合う。そして、盗賊団の報奨金目当てに、盗賊退治に乗り出すことになるのだった。
 今回もアヤメの無茶苦茶っぷリが目立つ展開。ロイも頑張っているんだろうけれど、ビジュアル的に見せ場が少なすぎる。




空埜一樹作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4700-5708d70e