ふらりとゆけ! ホーム » 学園ファンタジー » 化魂ムジナリズム(頂生崇深)

化魂ムジナリズム(頂生崇深)

化魂ムジナリズム (MF文庫J)化魂ムジナリズム (MF文庫J)
(2013/05/23)
頂生 崇深

商品詳細を見る


魂の半分こ

 他人と関わるのが苦手な高校生である御陰和希は、家の事情でしばらく学校を休んだところ、いつの間にやら転校生が来ていることに気づいた。ところが、学園のアイドルである榊薫子に尋ねたところ、彼女は最初からのクラスメイトだという。彼女の名前は間宮鈴、狢の妖だった。
 間宮鈴の目的は、前世で彼女の母親だった榊薫子の持つ清白魂という、妖にとってご馳走である魂を守ることだという。そして、それを狙ってやって来た蟲に御陰和希は殺されかけ、間宮鈴の化魂を半分分けてもらうことで、かろうじて命をつなぐことができた。その代償は、彼女と共に榊薫子を守ることだ。

 守ると言っても、大概の妖は穏健なので、じゃんけんやけんけんぱやら、ちょっとしたゲームで勝てば大人しく引き下がる。ところが、ちょっと知恵のついた妖は騙されたりはしないので、激しい戦いになることもあるのだった。
 狗神の仁王丸や、信太の森の狐である篠田宵々と、彼女のパートナーであり和希の幼馴染でもある稲荷隼人、井守にとりつかれたらしい梶原斗真と彼を心配する委員長の秋田千鶴、間宮鈴に騙されて都合よく使役される家守などが、清白魂の周りで騒動を引き起こす。そしてその中で、御陰和希は傷つくことを恐れず、成すべきことを成す覚悟を身につけるのだった。




頂生崇深作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4676-8d0acfa1