ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » ライトノベル書評 » 絶園のテンペスト(9)(彩崎廉 / 城平京)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


絶園のテンペスト(9)(彩崎廉 / 城平京)

絶園のテンペスト(9) (ガンガンコミックス)絶園のテンペスト(9) (ガンガンコミックス)
(2013/05/22)
城平 京、左 有秀 他

商品詳細を見る


奇跡を期待しない未来

 《絶園の魔法使い》の力は不破愛花から羽村めぐむに引き渡された。はじまりの樹の側では鎖部の魔法も通じないため、《はじまりの姫宮》鎖部葉風の力も有効には使えない。不破愛花の死を無駄にしないために苦労の多い人生を歩むことを決意した不破真広と滝川吉野は、いま与えられた状況で最善の策を講じる。

 あらゆる意味で城平京を崩さない物語の終わり方だった。そこには奇跡もなければ全能者もいない。ただ、不完全な人間だけがいる物語だった。
 北千里桜子と林美森という新キャラが最後になって登場し、希望は未来に残されることになった。

 特別編として、事前・事後談を収録したコミックが一冊発売されるらしい。




彩崎廉作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4674-89e4a24c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。