ふらりとゆけ! ホーム » 異世界ファンタジー » 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(6)(左京潤)

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(6)(左京潤)

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。6 (富士見ファンタジア文庫)勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。6 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/05/18)
左京 潤

商品詳細を見る


才能を生かせない職場

 マジックショップ・レオン王都店店長のセアラ・オーガストと副店長のバイザー・クロスロードが同時に魔物インフルエンザに倒れてしまい、残されたただ一人の正社員であるラウル・チェイサーが店長代理として店を回さなければならなくなってしまった。
 だが、そんなときに限って、理不尽なクレーム客が訪れたり、混雑してさばき切れなくなってしまったり、トラブルが多発する。自分では頑張っているつもりなのだが、アイリ・オルティネートや魔王の娘フィノ・ブラッドストーンの方が自分より接客が上手いような気がして、気持ちはどんどん沈んでいく。

 そんな状況の中、セアラの得意客であるユニィが訪れ、ラウルは対応を誤ってしまう。




左京潤作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4671-47922377