ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 異世界ファンタジー » バーガント反英雄譚 (2) 泣けない皇帝と剣聖少女(八街歩)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


バーガント反英雄譚 (2) 泣けない皇帝と剣聖少女(八街歩)

バーガント反英雄譚2  泣けない皇帝と剣聖少女 (富士見ファンタジア文庫)バーガント反英雄譚2 泣けない皇帝と剣聖少女 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/05/18)
八街 歩

商品詳細を見る


皇国の政変

 家族の敵以外には実力を出せない制約があるために弱いとみなされているシュナブラン・ノーブ・ハーベストは、妹たちの尽力により、ジュヴレーヌ王国騎士に内定してしまった。そして、ジュヴレーヌ王国王女リュリシア・ルショット・シャンベルの覚えがめでたいために、シャンミュニ皇国で開催される統一騎士剣定において、国家代表として出場することになってしまった。
 担任のミュスカ・ニャン・フロンティらが不安で胃を痛くする中、シュンは妹の一人である剣聖ティン・ダ・ロリスと一緒にいた、シャンミュニ皇国皇帝エルミタージュ・ル・ヴォルト・ギガティエと仲良くなる一方、元剣聖ヴァント・デュ・ラフィエルムを不意打ちで倒すという騎士にあるまじき失態を犯してしまう。

 何とか事なきを得たものの、晩餐会で姉のモレサンド合衆国副大統領アリア・ニコ・ブルトゥレやサントルージュ・ミリオン社代表モニカ・ディス・アルトゥスと再会したシュンは、シャンミュニ皇国を舞台とした騒乱の種が蒔かれようとしていることを知ってしまう。
 <天聖騎士>サンクト・タチアナ・ローレンペルデ・ダン・サンブリと<魔王>の間に生まれた姉妹たちが、バーガント大陸全土に散らばり、各国で力を得て、片や両親を殺した人間への復讐、片や人間と魔族の共存を目指して奮闘するファンタジーだ。




八街歩作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4670-ec2603b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。