ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ファンタジー » 男子高校生のハレルヤ! (3)(一之瀬六樹)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


男子高校生のハレルヤ! (3)(一之瀬六樹)

男子高校生のハレルヤ! 3 (GA文庫)男子高校生のハレルヤ! 3 (GA文庫)
(2013/05/16)
一之瀬 六樹

商品詳細を見る


古代文明deロールプレイングゲーム

 憧れの先輩の雨宮ソラに認めてもらうため、今年度から共学になったはずのユリウス女学院に進学した山田真理だったが、実は男女共学化は頓挫しており、未だ女子校だった。かつてのライバル鬼瓦萌子がいるからという理由で入学した武里祐紀と、内部進学の桜吾郎とあわせ、3人の男子が紛れ込んでいることを知っているのは、理事長や生徒会長の有栖川マロンら、ごく少数だ。ゆえに、クラスメイトの北見琉夏などには秘密にしなければならない。だが、後輩の音無蕾花にはばれてしまった。

 それでもギリギリで秘密が守られている状況で、漢部は有栖川マロンの陰謀で、バミューダトライアングルにある謎の島に連れて来られてしまった。ここは不思議なエネルギーが満ち溢れているらしく、リアルにRPGのような現象を引き起こせるらしい。
 モニターということで、そのゲームにトライすることになった漢部のメンバーだったが、この島には元々、超古代文明の遺産が引き起こしている、不可思議な現象が見られたのだ。そして事態はマロンのコントロールを離れ、真理の因縁にまつわるファンタジーが繰り広げられることになる。




一之瀬六樹作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4652-04a84143

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。