ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ラブコメ » うちの居候が世界を掌握している! (4)(七条剛)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


うちの居候が世界を掌握している! (4)(七条剛)

【Amazon.co.jp限定特典付き】うちの居候が世界を掌握している! 4 (GA文庫)【Amazon.co.jp限定特典付き】うちの居候が世界を掌握している! 4 (GA文庫)
(2013/05/16)
七条 剛

商品詳細を見る


かみ合っていないのにかみ合っている

 世界的企業オリオンリュートの創業者である中学生の笠取真哉にハニートラップを仕掛けるため、桐生愛と名乗る少女が転校してきた。同じクラスの飯山桃香は、真哉にベタベタしてくる桐生愛と角を突き合わせ、話を聞いた飯山莉子も桐生愛を牽制するために自宅に招く。
 ところが、そんなモテモテの状況にあって、笠取真哉は少しも動じない。わずかな違和感の正体を明らかにするため、ルファ・マルティーニに調査を依頼する。

 各国軍部に比べて飛びぬけた技術力を持つようになってしまったオリオンリュートには、その技術の秘密を明らかにすべく、様々な諜報活動が仕掛けられる。しかし、肝心の中核技術は真哉の頭の中にしかなく、必然的にヒューミントに重きが置かれることになるのだった。
 相手が男ならば、当然有効なのはハニートラップということで、真哉と同年代の凄腕諜報少女が送り込まれるのだが、その辺りに鈍感な真哉にはイマイチ響かない。様々にアプローチを繰り返すうちに、桐生愛の方に変化が生じてくることになる。

 そして真哉の正体を知らない桃香は、事態を単純に中学生の恋愛にしてしまい、あたふたと慌てふためくことになるわけだ。そのあたりの、かみ合っていないのにかみ合っている感が面白い。




七条剛作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4648-e3c1c60f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。