ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ラブコメ » いもうとがかり (3)(月見草平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


いもうとがかり (3)(月見草平)

いもうとがかり3 (MF文庫J)いもうとがかり3 (MF文庫J)
(2013/04/24)
月見 草平

商品詳細を見る


木星人のはじまり

 父親の影響でガチガチの現実主義者だった天乃翔太は、クラスメイトの一片愛に告白しようとして、間違えて彼女の妹である自称・木星人の一片恋に告白してしまい、いもうとがかりとなった。そして、もう一人の自称・木星人である文月ゆうと出会い、幼なじみで占い好きな刑部玉穂との関係を通じて、心の余裕を知るようになっていく。
 そんなある日、一片恋が、やってくる木星人のマザーシップを歓迎するため、国を挙げての歓迎イベントを開かなければならないと言い出した。だが、国を巻き込むなんて出来るわけもなく、刑部玉穂の従姉で、市役所広報課に勤務する刑部美木の力を借りて、町おこしの体でイベントを開催することにする。

 シリーズ最終巻。締め切りをブッチした影響か、イラストの人が変わっていました。




月見草平作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4626-9c27a5a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。