ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » シミュレーション小説 » デスニードラウンド ラウンド (1)(アサウラ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


デスニードラウンド ラウンド (1)(アサウラ)

デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)
(2013/04/24)
アサウラ

商品詳細を見る


ベン・トーが生きたガン・アクション

 普通の女子高生だった葛ゆりは、ある日、両親が連帯保証人となったために借金をかぶり、ゆりを置いて失踪してしまったため、借金取りに騙されて彼女が借金を背負う事になってしまった。
 ずっと股を開いていても返しきれないほどの借金を返す手段として彼女が選んだのが傭兵稼業だ。北海道独立戦争を経て、群馬栃木紛争など、治安が悪化している現代においては役に立たない警察に代わり、実効力のある武力こそが、自らの正義を通す為に必要となっている。

 山田の斡旋で葛ゆりが送り込まれたのは、松倉、武島、大野のチームだ。どんな無茶な任務でも生還する松倉チームに彼女が送り込まれたのは、彼女に賭けられた莫大な生命保険が理由だ。しかし、戦場で生き残り続ければ、借金を返して自由になれるチャンスもある。だが彼女は、それがどういうことなのか、未だ理解してはいなかったのだ。

 「ベン・トー」で一躍売れたアサウラ氏ではあるが、デビュー作は暗めのガン・アクション「黄色い花の紅」だった。本作は後者のジャンルでありながら、前者的な要素も含み、読みやすくなっている。ただ、ラストは中々に重たい。




アサウラ作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4591-5c5366d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。