ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » SF » 宇宙軍士官学校―前哨― (3)(鷹見一幸)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


宇宙軍士官学校―前哨― (3)(鷹見一幸)

宇宙軍士官学校―前哨― 3 (ハヤカワ文庫JA)宇宙軍士官学校―前哨― 3 (ハヤカワ文庫JA)
(2013/04/30)
鷹見 一幸

商品詳細を見る


パートナーの意味

 銀河文明評議会に加盟した地球人類は、異星文明人類であるアロイスによる指導の下、宇宙軍士官学校に入学する練習生を訓練する教官とするため、若手士官たちを供出することとなった。練習戦艦アルケミスの艦長に就任した有坂恵一訓練大佐は、副長のバーツラフ・ホレックや戦闘艇のオルガ・シュワルツローゼ訓練大尉やライラ・ヨルゲンセン訓練大尉のサポートを受けながら、順調に訓練をこなしていた。
 その頃、地球では15才の少年少女たちが選抜試験を受け、宇宙軍士官学校に入学する800名が絞り込まれようとしていた。そして、ケイイチたちには、アロイスたちが辿ってきた運命と、銀河文明評議会と敵対する粛清者に関する情報が開示されはじめる。

 アロイスに人間味が感じられる描写が見られるようになっていた。そっちも狩り場にするのか~。でも次巻以降は、単なる学園ものになっちゃうのかな?




鷹見一幸作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4590-e93b05b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。