ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 異世界ファンタジー » 召喚主は家出猫 (1) 喚ばれてみれば最前線(鷹見一幸)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


召喚主は家出猫 (1) 喚ばれてみれば最前線(鷹見一幸)

召喚主は家出猫  (1)喚ばれてみれば最前線 (角川スニーカー文庫)召喚主は家出猫 (1)喚ばれてみれば最前線 (角川スニーカー文庫)
(2013/04/27)
鷹見 一幸

商品詳細を見る


異世界でサバイバル

 北條高校生存活動研究部に所属する山吹翔馬は、軍用自転車に乗り、常にサバイバルキットを携行している高校生だ。いつどんなことが起きたとしても、自分の無力を感じなくても済むよう、常に備えている。
 そんな彼が最近見る夢は、二年前、謎の魔方陣を残して自室から失踪した水沢瀬里奈、友人の水沢御綱の妹のものだ。彼女が自分の存在に気づくと覚めてしまうというその夢は、彼の心を捕らえて放さない。

 ある日、帰宅途中のある山吹翔馬は、突如、森の中を彷徨う羽目になってしまい、気づくと竜がいる不思議な世界へとやって来ていた。そして、竜に追われている水沢瀬里奈、ミルチ、ライナという少女たちと出会う。
 あり合わせのもので危機を乗り越えた山吹翔馬は、アニス・アンゼリカ女王が治めるアンゼリカ王国へと案内され、水沢瀬里奈が「破壊天使」と称される大魔法使いになっていたことを知るのだった。

 機械化することで急速に力をつけたユーロディエル帝国に宣戦布告される、攻撃魔法を持たないアンゼリカ王国は、生き延びることが出来るのか?




鷹見一幸作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4589-1aa7fd2b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。