ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » 咲-Saki- (11)(小林立)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


咲-Saki- (11)(小林立)

咲-Saki-(11) (ヤングガンガンコミックス)咲-Saki-(11) (ヤングガンガンコミックス)
(2013/04/25)
小林 立

商品詳細を見る


勝敗の後で

 全国高等学校麻雀選手権大会二回戦の大将戦は、清澄高校の宮永咲、宮守女子高校の姉帯豊音m永水女子高校の石戸霞、姫松高校の末原恭子の対戦となった。それぞれの化物じみた特殊能力が炸裂する中で、宮永咲の真価が試される。
 そして対戦が終わり、観戦モードに入った原村和は、初めて大会に阿知賀女子学院が出場していることに気づく。一方、会場に姉の宮永照がいることを意識した宮永咲は、過去の記憶を呼び覚ますのだった。

 次巻は準決勝、姫松高校、清澄高校、臨海女子高校、有珠山高校の対戦が始まる。




小林立作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4587-a1ecb859

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。