ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » だから僕は、Hができない。(橘ぱん) » だから僕は、Hができない。(10) 死神と告白(橘ぱん)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


だから僕は、Hができない。(10) 死神と告白(橘ぱん)

だから僕は、Hができない。10    死神と告白 (富士見ファンタジア文庫)だから僕は、Hができない。10 死神と告白 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/04/20)
橘 ぱん

商品詳細を見る


受け止める勇気

 《イレギュラー》が大倉美菜だと判明した。そして彼女の心からの望みは、加賀良介と結ばれることだ。準王家のレストール家の次期当主候補としてリサラ・レストールはそれを後押しする決意をするが、妹分のキュール・ゼリアからは、それは逃げだと叱責されてしまう。
 キュール・ゼリア、福宗イリア、ライファン・ピグノートは、加賀良介と美菜、リサラの関係がおかしなことになっている隙をついて、加賀良介を誘惑し、落そうとするのだった。

 一方、メイズ・ガルダーブロウグの命を受けたヘルガ・キヴィレフトは、《イレギュラー》獲得のため、準備を整えつつあった。




橘ぱん作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4581-22ae2826

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。