ふらりとゆけ! ホーム » ライトノベル書評 » 銀の匙 Silver Spoon (7)(荒川弘)

銀の匙 Silver Spoon (7)(荒川弘)

銀の匙 Silver Spoon 7 大蝦夷農業高校生徒手帳つき特別版 (小学館プラス・アンコミックス)銀の匙 Silver Spoon 7 大蝦夷農業高校生徒手帳つき特別版 (小学館プラス・アンコミックス)
(2013/04/18)
荒川 弘

商品詳細を見る


通じる心、通じない心

 大蝦夷農業高校の学園祭であるエゾノー祭のイベント取り纏めで奮闘しすぎた八軒勇吾は、体調を崩して入院してしまった。そしてその病室に父親が訪れる。彼との対面は、エゾノーで自分の居場所を見つけつつあった八軒勇吾に、新たな苦悩をもたらすのだった。
 成功裏に終わったエゾノー祭のあとは、生徒たちも何やら浮かれモードに入り、御影アキと八軒勇吾の関係にも、ちょっとだけ進歩が見られたみたい。そして、駒場一郎の所属する野球部は、全道大会でさっぽうろへやって来ていた。

 チーズを失い涅槃に入った中島先生…次巻では復活出来るのか?









荒川弘作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4569-1223c2b0