ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 熱血青春 » あさひなぐ (8)(こざき亜衣)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


あさひなぐ (8)(こざき亜衣)


あさひなぐ 8 (ビッグ コミックス)あさひなぐ 8 (ビッグ コミックス)
(2013/03/29)
こざき 亜衣

商品詳細を見る


理解できない方法論

 東京武道館第二武道場で開催の新人戦で、二ツ坂高校薙刀部はインターハイ出場を逃した。敗れた宮路真春は責任を感じ、更なる強さを求めて部活の外で練習をしようとする。
 一方、部長の野上えりは、宮路真春に責任を負わせる必要がなくなるよう、部員強化のために厳しい練習を提案する。東島旭や八十村将子はその効果に疑問を感じつつも強さを求めて受け入れるのだが、紺野さくらは無謀さに反発するのだった。

 顧問の小林の行動が切っ掛けで、薙刀経験者を監督に迎えなければ活動が許可されなくなった二ツ坂高校薙刀部は、白滝院の寿慶尼の紹介で、福留やす子という若い女性を迎えることになる。ところが彼女は、一見すると薙刀に対する意欲がなく、男漁りに精を出す女性だったのだ。




こざき亜衣作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4513-dd188162

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。