ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » 新クロサギ (18)(黒丸)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


新クロサギ (18)(黒丸)


新クロサギ 18 (ビッグ コミックス)新クロサギ 18 (ビッグ コミックス)
(2013/03/29)
小学館

商品詳細を見る


決別

 桂木と宝条の目つきに要注意の巻。次からは新シリーズとして、宝条との最後の決戦が描かれる。

「年金運用詐欺」
 ひまわり銀行の宝条を追い詰めるため、彼の子飼いのグループ企業に仕掛けを打ち始めた黒崎に、桂木からの指示が届く。それは、企業年金の運用を指示する投資顧問会社にまつわる詐欺を行った社長の個人資産を取り上げるというものだった。
 宝条から黒崎に対する初めての攻撃と、桂木との決別を決意する黒崎の姿が描かれる。

「進出詐欺」
 桂木と黒崎が決定的に決裂する半年前、ひまわり銀行の宝条配下のビル管理会社に対し、海外からの企業進出をエサにして黒崎が仕掛けをする。それに乗せられた宝条は、有力政治家に献金して根回しを依頼する。
 宝条が黒崎を潰すべき敵として認識することになった、決定的な事件を描く。




黒丸作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4512-7362392f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。