ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 異世界ファンタジー » アリストクライシ I for Elise(綾里けいし)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


アリストクライシ I for Elise(綾里けいし)

アリストクライシI for Elise (ファミ通文庫)アリストクライシI for Elise (ファミ通文庫)
(2013/03/30)
綾里けいし

商品詳細を見る


復讐の旅路

 エリーゼ・ベローという少女には、エレイン・フォン・アリストクライシという名前がある。それは彼女が穴蔵の悪魔(アリストクライシ)の血を受けているという証明だ。だが彼女は、同族であるはずのアリストクライシを殺すために旅をしている。その道連れは、グランという、全身に縫い傷がある死なない怪物、名前のない化け物(グラウェン)である。
 共通の仇であるユージーン・フォン・アリストクライシを探し求めて旅をする二人が辿り着いた街では、七人もの人間が消えるという怪現象が起きていた。そしてその犯人にされている料理人が暴れているところに乱入し、結果としてケンジー・ハワードというおしゃべりな青年を助けることになる。

 舞台をファンタジー世界に移してはいるが、「B.A.D.」シリーズと引き出しが共通しており、新味は感じられないのが残念に思う。




綾里けいし作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4508-713c210d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。