ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » SF » 天使たちの課外活動 (3) テオの日替り料理店(茅田砂胡)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


天使たちの課外活動 (3) テオの日替り料理店(茅田砂胡)

天使たちの課外活動3 - テオの日替り料理店 (C・NOVELSファンタジア)天使たちの課外活動3 - テオの日替り料理店 (C・NOVELSファンタジア)
(2013/03/26)
茅田 砂胡

商品詳細を見る


今更の社会勉強

 リィことヴィッキー・ヴァレンタインとシェラ・ファロットは、連邦大学惑星の中高生の義務である社会体験学習に参加することになった。どの体験学習に参加すれば自分たちでも違和感がないかと悩んでいると、行きつけの会員制喫茶店店主のジェイソンから、テオドール・ダナーという料理店を紹介される。
 テオドール・ダナーは料理界の人間なら知らないものがいない伝説的な料理の神様だったが、表舞台から去り、妻のアンヌと共に自分の作りたい料理を出す店を開いていた。だがその店も、若くしてアンヌが病死すると閉店したのだが、家出した息子のヨハンにできた子供を助けるため、心機一転、店を開こうとしているのだという。

 ルーファス・ラヴィーや惑星トゥルークの僧侶留学生ライジャ・ストーク=サリザンと共に店に行ってみると、フロアは寂れ店主は気むずかし屋でとても客応対が出来るようには見えない。ところが、料理の腕前はルゥやシェラが脱帽するほどのもので、正に料理の神様と呼ぶに相応しい。
 二人は本気で店の再建を手伝うことにするのだが、かつての店の調度品を確かめていると、そこに収蔵されていたのは、美術館で展示されるべきであるような、一流の品物ばかりだったのだ。果たしてそれらを管理していたアンヌとは何者だったのか?




茅田砂胡作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4507-8250c2c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。