ふらりとゆけ! ホーム » 学園ファンタジー » 俺が生きる意味 (1) 放課後のストラグル(赤月カケヤ)

俺が生きる意味 (1) 放課後のストラグル(赤月カケヤ)

俺が生きる意味 1 (ガガガ文庫)俺が生きる意味 1 (ガガガ文庫)
(2013/03/19)
赤月 カケヤ

商品詳細を見る


窮地における本性

 ある日、高校生の日本斗和は、仲の良い女子の友人である青葉萌由里と赤峰寧々音から、それぞれ別にメールでの呼び出しを受ける。先輩の婦設楽操のアドバイスに従い、一人の呼び出しをメールで断って、選んだ一人に会いに行こうとした日本斗和だったが、そこで事件が起きる。
 突如、学校を囲う見えない壁が出現し、校内に三体の化け物が生徒たちを襲いだした。逃げる場所も無く、多くの生徒は食われ、残された数少ない生徒たちはパニックになる。日本斗和は、青葉萌由里や赤峰寧々音を救出し、婦設楽操と合流して、行方不明の友人である木茂部卓二を探しにかかる。

 学校内でのパニックものに、異能バトル要素を加える予定らしい。最も今巻は、人間が一方的にやられるだけ。奮闘むなしく脱落する者もたくさん登場する。そして次巻へと引く展開になっている。色々と説明不足なので、その辺をきちんとフォローして欲しい。




赤月カケヤ作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4499-a31e1324