ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ラブコメ » 変態王子と笑わない猫。 (6)(さがら総)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


変態王子と笑わない猫。 (6)(さがら総)

変態王子と笑わない猫。6 ドラマCD付き特装版 (MF文庫J)変態王子と笑わない猫。6 ドラマCD付き特装版 (MF文庫J)
(2013/03/22)
さがら総

商品詳細を見る


正論の暴虐

 筒隠ツカサとの記憶を思い出したことで、横寺陽人は、筒隠月子も、小豆梓も、筒隠つくしも、エミことエマヌエーラ・ポルラローラも、誰も悲しませない結末を求めることを決意した。
 そんな中で行われる、善光寺参りの修学旅行。筒隠つくしは受験勉強に見せかけて筒隠奨棋なる月子無双のボードゲームを生み出し、筒隠月子は学年が違うために修学旅行に行けないことを拗ねていた。

 べったりとくっつく小豆梓とペアを組んだ横寺陽人は、旅行委員のポン太に依頼し、班決めの班員を斡旋してもらう。その班員とは、不倶戴天の陸上部副部長の舞牧麻衣と水泳部の新部長だった。
 そうして出かけた修学旅行は、猫神の出張や魔王降臨により、一方で姦しく、他方で貞操の危機が訪れるイベントとなる。そしてそれは、一番を自称する少女を消沈させる結果を招くのだった。

 副部長の名前がようやく明かされる。名前が出た時は詳しく描かれる時。入れ替わりでピンチに陥るのは大抵少女の身柄なのが相場だが、今回は横寺の評判がさらに下がり、新たな性癖に目覚めてしまいそうになる。
 魔王様となった月子の猛ラッシュによる一方的展開となるかと思いきや、天然の返しでカウンターが決まり、少女同士の対決は小豆梓の圧勝。今回のメインヒロインである舞牧麻衣は、入れ替わりで横寺になっていた分、いまひとつキャラクターが確定せず、トランクス集めの変態設定も単なる設定にしか過ぎなかった気がする。









さがら総作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4494-55a73404

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。