ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 王様の仕立て屋 (3) ~サルトリア・ナポレターナ~(大河原遁)

王様の仕立て屋 (3) ~サルトリア・ナポレターナ~(大河原遁)

王様の仕立て屋 3 〜サルトリア・ナポレターナ〜 (ヤングジャンプコミックス)王様の仕立て屋 3 〜サルトリア・ナポレターナ〜 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/03/19)
大河原 遁

商品詳細を見る


対立の落とし所

 ナポリ仕立て屋協会でこだわり抜いて地道に仕事をしようという守旧派と、世界の流行を追いかけて既製服を作っていこうという革新派の対立が発生した。ナポリにサルトを開いた織部悠は守旧派ということになり、ジラソーレは改革派を取り込んで、ミケランジェロ・マリオの実の息子リッカルド・サントリヨをモデリストとしてデビューさせる。
 働くのが大嫌いなリッカルドだが、その腕は確かで、社交界の評判となり、新たな難儀な客を呼び寄せる。そしてそれは守旧派と改革派のさらなる対立の火種となり、カモッラに騒動を嗅ぎつけさせることになるのだった。

 ジョナタ・ジャイオッティという若手職人が登場する。彼の使うスタンドとは?という感じな出で立ちで、ジョジョなセリフを好んで使う。…遊びすぎだろ。




大河原遁作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4488-c6d13bde