ふらりとゆけ! ホーム » 異世界ファンタジー » 魔王と勇者の0フラグ #2(宮地拓海)

魔王と勇者の0フラグ #2(宮地拓海)

魔王と勇者の0フラグ #2 (角川スニーカー文庫)魔王と勇者の0フラグ #2 (角川スニーカー文庫)
(2013/02/28)
宮地 拓海

商品詳細を見る


勇者の籠絡

 襲撃してきた勇者マリアを返り討ちにし、牧場のログハウスで生活を共にさせる魔王ギリアムは、餌付けをして順調に勇者を懐柔しつつあった。まるで、ストックホルム症候群である。
 魔王を慕う四天王のぱるめらと、勇者を慕う神官のセシリアとの奇妙な同居生活は、四天王のイプサスとヴェルヘルミナの来訪、そして魔法王国アルドワンのエノワイル教会による魔王の召喚で終わりを告げ始める。




宮地拓海作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4482-42efa121